腰用バンテリンサポーターを着用レビュー!加圧タイプとの比較や口コミを検証

バンテリン腰サポーター 口コミレビュー
※本記事は[PR]記事です
本記事でご紹介する商品・サービスは、実際に執筆者が使用・体験した上でレビューを行っています。
バンテリンコーワ加圧サポーター 腰用固定タイプ ふつう/Mサイズ(へそ周り 65~85cm) ブラック
バンテリン
  • ニーズに合わせてタイプを選べる
  • カラーバリエーションも3種類を展開
  • 着用感も◎
PR

立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事中や、毎日の家事育児で「腰に違和感を覚えることが増えた」とお悩みではありませんか?病院にかかるほどではないけれどなんとなく腰が気になるという人の中には、「腰に着けるサポーターってどうなんだろう」と検討し始めたという人もいるでしょう。

この記事では、テレビCMでもおなじみの「バンテリンサポーター」を、40代後半で2人の子持ち、腰痛歴30年の筆者が実際に試してレビューします。スタンダードタイプと、補助ベルト付きの加圧タイプの比較や、口コミの検証もしますので、ぜひ参考にしてください。

バンテリンサポーターの特徴

バンテリン腰サポーターの特徴
商品名バンテリンコーワサポーター 腰用
販売価格スタンダードタイプ:4,730円
加圧タイプ:3,300円(いずれも税込・Amazon参考価格)
販売元 興和株式会社
2024.2.1現在

「バンテリンサポーター」の正式名称は「バンテリンコーワサポーター」。関節や筋肉の動きをサポートする「着るテーピング」として、誰でも気軽にテーピング効果を体感できると人気の商品です。

バンテリンサポーターには、腰用のほかに次のような部位に対応したさまざまなバリエーションがあります。

  • 親指
  • 手首
  • ひじ
  • ひざ
  • 足くび
  • ふくらはぎ

販売元の興和株式会社は、健康と環境をテーマにした新素材の開発に力を入れている会社です。湿布薬やサポーターでおなじみのブランド「バンテリン」のほかにも、胃腸薬の「キャベジンコーワ」や虫刺されによるかゆみ止め薬「ウナコーワ」などもよく知られています。

今回レビューする腰用バンテリンサポーターの特徴は次の通りです。

  • ニーズに合わせて種類を選べる
  • 特殊な製法で腰椎から骨盤までサポート
  • 3種類のカラーが展開されている

順に解説していきます。

バンテリンコーワ加圧サポーター 腰用固定タイプ ふつう/Mサイズ(へそ周り 65~85cm) ブラック
バンテリン
PR

ニーズに合わせて種類を選べる

バンテリンサポーターは、不調を感じる部位に合わせたサポーターを選べます。親指からひじ、ひざ、手首など、さまざまな種類があることに加え、保温タイプ高通気タイプ固定タイプなどバリエーションはさまざまです。

また、サイズはもちろん、色も選べるので「服装に合わせて目立たない色を選びたい」という人も安心できるでしょう。

特殊な製法で腰椎から骨盤までサポート

腰椎(ようつい)とは、いわゆる腰の骨のことです。腰用バンテリンサポーターは、生地に縫い込んだクロスネットが背中を過度に反らせる動きを制限し、さらに下腹部から骨盤までしっかり挟み込む「三次元フィット形状」で腰への負担を軽減してくれます。

「加圧サポーター」は、テーピングベルトでさらに強力に姿勢補正と背屈(背中を反らせる動き)を抑制してくれる効果があります。

3種類のカラーが展開されている

「おしゃれを楽しみたいのにサポーターの色が目立っては困る」と悩む人も多いでしょう。

腰用バンテリンサポーターは、黒のほか、全部で3種類のカラー展開があります。スタンダードタイプのサポーターは黒とグレーの2種類、加圧タイプは黒、グレー、ピンクの3種類です。「その日の洋服に合わせたサポーターを着用したい」という人にも安心ですね。

バンテリンサポーターを装着レビュー

項目スタンダードタイプ加圧タイプ
総合評価★★★★☆ ★★★★★
着け心地★★★★☆ ★★★★☆
動きやすさ★★★★★ ★★★★☆
効果★★★★☆ ★★★★★
価格★★★★☆ ★★★★☆

筆者が、実際に2つのタイプのバンテリンサポーターを装着して比べてみました。開封すると、両方ともサイズのシールが貼られたビニール袋に入った商品が1つあるのみでした。着用方法は、箱の側面に記載されています。

バンテリンサポーターを着用してみた筆者の感想は、次の通りです。

  • サポーターの細さを払拭する安定感
  • 骨盤の開きが気になるなら加圧タイプがおすすめ
  • 動きやすさ重視ならスタンダードタイプ

一つずつ解説します。

サポーターの細さを払拭する安定感

バンテリン腰サポーター装着写真1
バンテリン腰サポーター装着写真2

※実際には、下着の上から装着します。

まずは、スタンダードタイプを着用してみました。

着用した瞬間、「お!」と小さな感動

筆者は次女を出産してから過度に背中を反ってしまう「反り腰」の癖が気になっていましたが、これで軽減されるのではと期待できました。

バンテリンサポーターは、決して大きなサポーターではありません。全体的な細さに不安を感じましたが、むしろ動きやすいうえ、背中のクロスネットにしっかり支えられていると実感します。これは楽!ただ、いつも洋服がMサイズだからといってMサイズを選んだら、少し小さくて着けにくいと感じました。購入の際は、事前にしっかりおへそ周りを測り、最適なサイズを選んでください。

骨盤の開きが気になるなら加圧タイプがおすすめ

バンテリン腰サポーター 加圧タイプ 装着写真1
バンテリン腰サポーター 加圧タイプ 装着写真2

スタンダードタイプでも腰を支えるには十分と感じますが、より強力に支えてほしい人や骨盤の開きが気になっている人は加圧タイプをおすすめします。

出産の経験があると、骨盤の開きを矯正する「骨盤ベルト」を使用したことがある人も多いでしょう。バンテリンサポーターの加圧タイプは、骨盤を締める目的の商品ではありませんが、骨盤からより強力に腰を支えられている感覚があります。

筆者は、次女の出産後に骨盤ベルトを使用しましたが、装着する手順に四苦八苦し、使用中の痛みもあって装着を断念しました。ゆえに「骨盤が歪んでいるかも」という悩みがありました。骨盤矯正ベルトではないとはいえ、スタンダードタイプのあとに加圧タイプを着けると、腰にフィットする感覚から支えられているという実感があります。

動きやすさ重視ならスタンダードタイプ

筆者としては、スタンダードタイプ、加圧タイプともに動きにくさや苦しさを感じませんでした

基本的にバンテリンサポーターは、下腹部にあたるおへその下から骨盤付近にかけて着ける商品なので、ウエストや足の付け根に干渉しません。着けた状態で歩いたり座ったり、食事をしたりという日常生活には、ほとんど影響しないでしょう。ただし、多少のずれは生じますので、その都度着け直す必要はありそうです。

どうしても気になる場合は、幅が狭いスタンダードタイプをおすすめします。

バンテリンサポーターの口コミを調査&検証してみた

バンテリン腰サポーター開封写真

バンテリンサポーターは、発売開始から時間も経ち、テレビCMの影響や「バンテリン」というブランド力もあって、多くの口コミがあります。

バンテリンサポーターの口コミを調査したところ、次のようなものが見つかりました。

  • 座っているとずれる
  • 表記されているサイズよりも小さい
  • 締め付けが弱い

順に検証していきます。

座っているとずれる

バンテリンサポーターには「座っているとずれる」「立ったり座ったりを繰り返すとずれる」という口コミがありました。

バンテリンサポーターはおへその下から骨盤にかけて着けるので、それほど日常生活に支障は出ませんが、動いているうちに多少ずれてくることはあります。また、着け方を誤るときちんと着けられず、ずれやすいようです。

ずれが気になる場合は、着け直すか、着け方が間違っていないか確認してみましょう。詳しい着け方は、箱の側面に記載があります。

バンテリン腰サポーター 着用方法

ポイントは、腰で広げたら「おへその下5cm」あたりでV字に装着することです。おへその下でV字に合わせることで、クロスネットが腰を支えサポートします。ウエストの上で巻くと、ウエストのくびれが影響してずれやすくなってしまうでしょう。

表記されているサイズよりも小さい

普段Mサイズの洋服を着ている方が、同じようにMサイズのバンテリンサポーターを選ぶと「サイズが小さい」と感じるようです。

「サイズが小さい」と感じる場合、正しくサイズを測定できていない可能性があります。パンツのようなボトムスを購入する場合と異なり、バンテリンサポーターは「おへそ周りの長さ」を参考にします。口コミでは、「不安であればワンサイズ大きめがおすすめ」という意見が多数ありました。

面ファスナーがとても広いので、少しサイズに余裕があるくらいのほうが正しく着けられるでしょう。

締め付けが弱い

「締め付けが弱くてサポート力がない」という口コミもありました。

「締め付けが弱い」という口コミを読むと、ウエストに巻いている人が多いようです。バンテリンサポーターは、おへその下から骨盤にかけて着ける商品なので、正しく着用できていない可能性があります。

バンテリンサポーターの公式サイトでは、動画で着け方を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

使い方講座(腰用)|バンテリンコーワサポーター【公式サイト】

バンテリンサポーターをおすすめできる人の特徴

腰用バンテリンサポーターは、スタンダードタイプと加圧タイプがあり、加圧タイプは補助ベルトの働きでより強力に腰をサポートしてくれます。

それほど強い締め付け力は必要なく、装着が簡単で動きやすさを重視したい人はスタンダードタイプがおすすめです。腰椎から骨盤にかけてより強力なサポートが欲しい人、黒、グレー以外にピンクのサポーターも使ってみたい人は加圧タイプを選びましょう。

スタンダードタイプ

おすすめしたい人おすすめする理由
動きやすさを重視したい人 幅が大きくないので動きやすい
とにかく簡単に装着したい人 腰に広げてV字に装着するだけ
バンテリンコーワサポーター 腰用 ふつう/Mサイズ(へそ周り 65~85cm) ブラック
バンテリン
PR

加圧タイプ

おすすめしたい人おすすめする理由
より強力に締め付け力を感じたい人 テーピングベルトが加圧してより強力に支える
ピンク色のサポーターを利用したい人 カラー展開は、黒、グレー、ピンクの3種類
バンテリンコーワ加圧サポーター 腰用固定タイプ ふつう/Mサイズ(へそ周り 65~85cm) ブラック
バンテリン
PR

バンテリンサポーターの購入方法

バンテリン腰サポーター 開封写真2

バンテリンサポーターは、次のような箇所で購入可能です。

  • 全国のドラックストアの店頭販売や通販サイト
  • Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどのショッピングサイト
  • コーワハピネスダイレクト(公式通販サイト)

コーワハピネスダイレクトに会員登録すると、初回は送料無料で、ポイントサービスやメルマガ登録者限定全品10%OFF。クーポン案内、優待セールなども利用できます。

支払い方法は、次のような手段があります。

  • クレジットカード
  • Amazon Pay
  • 代金引換

このほか、後払い(手数料330円)も利用可能です。

健康に役に立つコラムも掲載されているので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

バンテリンサポーターに関するQ&A

バンテリン腰サポーター パッケージ写真

バンテリンサポーターに関するよくある質問をまとめました。次の通りです。

  • バンテリンサポーターにはどのような効果がありますか?
  • バンテリンサポーターは一日中装着できますか?
  • バンテリンサポーターは洗えますか?

順に回答していきます。

バンテリンサポーターにはどのような効果がありますか?

バンテリンサポーターは、独自のテーピング構造が腰椎から骨盤までしっかり支えることで腰の不安感を軽減し、背中の反りを抑制して体幹を補助します。

加圧タイプは、テーピングベルトの働きで腰のねじれを制限し、加圧することで腰上部から下腹部にかけてさらに強力に支えます。

バンテリンサポーターは一日中装着できますか?

バンテリンサポーターは、長時間つけっぱなしでいると圧迫によって皮膚障害や血行障害を起こす恐れがあるため、適宜装着し直すことをおすすめします違和感に気づけないので、就寝時は使用しないようにしましょう。

バンテリンサポーターの洗い方は?

手洗いで洗えます。

40℃までの水温で、面ファスナーを留めた状態で洗いましょう。加圧タイプの場合はパネルを取り外してください。漂白剤やタンブル乾燥、アイロン、ドライクリーニングは使用できません。干すときは、日陰で吊り干しにしてください。

バンテリンサポーターは正しく着けると動きやすい

テレビCMでもおなじみのバンテリンサポーター。

腰痛歴30年で骨盤の開きも気になっていた筆者が、スタンダードタイプと加圧タイプを両方試してみましたが、どちらの商品も明らかな安心感を得られました。

薄い一枚の布のように見えるサポーターですが、独自のテーピング構造で腰をしっかり支え、腰椎(腰の骨)から骨盤にかけて動きをサポートしてくれます。

ウエストではなく下腹部に着けるサポーターなので、しっかりおへそ周りを計測してからの購入をおすすめします。不安な場合はワンサイズ大きめにしたほうがしっかり装着できるでしょう。

「腰の違和感が気になるのでサポーターを使ってみたい」という人は、ぜひ一度試してみて、「あ、楽かも!」という感動を味わってみてください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

カテゴリー

人気記事

  1. 【専門家監修】朝にバナナは食べない方がいい?朝バナナのメリットとデメリットを解説

  2. 【非推奨】夜ご飯を食べないダイエットを1ヶ月したらどうなる?!効果や注意点も解説

  3. 握力を鍛える方法9選!初心者から上級者までおすすめの鍛え方をご紹介

  4. 【1日5分】ドローインの正しいやり方と期待できる効果を解説

  5. 自宅でできる筋トレメニュー6選!1週間のトレーニングメニュー例もご紹介

ピックアップ記事

人気タグ