日焼け止めパウダーは日焼けに効果がない?効果的な使い方とシチュエーションを解説

手軽に使えるUV対策アイテムとして、日焼け止めパウダーと呼ばれる紫外線カット効果のあるフェイスパウダーがあります。メイクの上からも使えるので、まめに日焼け止めを塗り直したいときに便利です。

とはいえ、あのサラサラしたパウダーで十分に日焼けを防げるのだろうか、と疑問に感じている人はいるでしょう。結論からいうと、日焼け止めパウダーは紫外線対策に有効です。その理由や効果的な使い方、おすすめの日焼け止めパウダーについて紹介します。

また、日焼け止めパウダーに関するよくある質問にも回答しているので、効果に疑問を感じている方はチェックしてみてください。

【結論】日焼け止めパウダーは日焼け対策として効果あり

多くの日焼け止めパウダーには、酸化チタンやタルクが含まれています。これらは一般的な日焼け止めに含まれる紫外線散乱材と同じ効果を発揮します。そのため、日焼け止めパウダーは日焼け対策として効果的といえるでしょう。

フェイスパウダーとしてメイクの上から使え、UVケアと同時にメイク直しができるのがメリットと言えます。サラサラしたつけ心地なので、日焼け止めクリームの質感が苦手な人におすすめです。

ただし、クリームやスプレーの日焼け止めのように広範囲に塗るのは難しく、SPF・PAが低い傾向にあります。広い面積に使いたいときや強い日差しを浴びるときは、一般的な日焼け止めのほうが高い効果を得られるでしょう。

日焼け止めパウダーの効果的な使い方

UVカットアイテムは、適切に使ってこそ十分な日焼け止め効果を発揮します。使い方が良くないと、日焼けにつながることも。日焼け止めパウダーの効果をしっかり実感するためには、以下のポイントを意識しましょう。

下地を塗ってから使う

肌に何も塗っていない状態で日焼け止めパウダーを塗っても、パウダーが肌に密着しにくく、十分なUVカット効果を得られない場合があります。

また、日焼け止めパウダー単体ではPA・SPFに不安が残る場合もあるでしょう。

パウダーを肌に密着させてPA・SPFをカバーするためにも、クリームタイプの日焼け止めや化粧下地などを塗ってから日焼け止めパウダーを塗るのがおすすめです。

なお、塗り直すときはパウダーだけでなく下地も塗り直すと、高い日焼け止め効果を長時間維持できます。

こまめに塗り直す

日焼け止めは汗や摩擦などで落ちてしまいます。そのままにしておくとUVカット効果が薄れてしまうため、2~3時間おきに塗り直すのがベストといわれています。

日焼け止めパウダーも汗や摩擦などで落ちてしまうため、ほかのUVカットアイテムと同様にこまめに塗り直しましょう。

外出先でも塗り直せるよう、持ち運びしやすいコンパクトな日焼け止めパウダーを用意しておくと便利です。

日焼け防止グッズと併用する

日焼け止めパウダーの種類によっては、SPFやPAが低い場合もあります。仮にSPFやPAが高くても、日焼けしたくないのなら紫外線を浴びないのが一番です。紫外線を浴びないための手段として、日傘や帽子、サングラスなど、ほかの日焼け防止グッズと併用することをおすすめします。

また、日焼け止めパウダーは基本的に顔に塗るためのアイテムです。首や腕など体の日焼け対策として、日焼け止めや長袖の上着などはあったほうがよいでしょう。

日焼け止めパウダーが効果を発揮するシチュエーション

「日焼け止めパウダーはUVカット効果が弱そうで、使う場面が思い浮かばない……」という方はいるでしょう。そこでここでは、日焼け止めパウダーが効果を発揮するシチュエーションを紹介します。

早朝や夕方などの「UVが少ない時間」の外出

日焼け止めパウダーは、早朝や夕方などのUVが少ない時間の外出におすすめです。

特に朝は7時前、夕方は17時以降だと屋外の紫外線がぐっと少なくなります。例えば、つくば市における1994年から2008年の平均値でみた場合、UVが一番多い12時とUVの少ない17時では、UV量に10倍程度の開きがあります。

「夕方、少し買い物に行くだけなのに日焼け止めを塗るのもちょっと…」というときに、日焼け止めパウダーを活用するとよいでしょう。

室内における日焼け対策

室内にいると日焼け対策がおろそかになりがちですが、室内にいても屋外にいるときの10~20%程度の紫外線を浴びているといわれています。わずかな量に思えるかもしれませんが、積み重なると肌へのダメージとなり、シミやシワの原因になります。

とはいえ、「室内でまで日焼け止めを塗るのはめんどうだし肌への負担が気になる」という人は少なくないはず。そのようなときに、日焼け止めパウダーを使うのがおすすめです。

日焼け止めパウダーを使うなら「SPF50+」がおすすめ

日焼け止めに記載されている指標に「SPF」があります。これは肌に赤みや炎症を起こさせるUV-Bを防ぐ効果の指標です。SPFは最大50+で、数値が大きいほどUV-Bを防止できる時間が長くなります。

日焼け止めパウダーの紫外線カット効果を最大限得るなら、SPF50+のものを選びましょう。さらに「日焼け止めパウダーの効果的な使い方」で紹介した方法を組み合わせることで、より高い日焼け止め効果が得られます。

また、カバー力が高い日焼け止めパウダーを選べば薄塗りで済むため、コスパも良いといえます。

おすすめ日焼け止めパウダー3選

ここからは、おすすめの日焼け止めパウダーについて、それぞれの特徴や向いている用途を紹介します。

オルビス サンスクリーンパウダーSPF50+・PA++++。スーパーウォータープルーフで汗に強く、落ちにくいのが特徴です。
キスミーフェルム プレストパウダーUVSPF48・PA+++。微細なパウダーが毛穴やくすみをカバーして美肌に見せてくれます。
プライバシー UVパウダー50SPF50+・PA++++。皮脂吸着パウダー配合で、テカリを抑えてくれます。

それぞれの日焼け止めパウダーについて、詳しくは下記で紹介します。

しっかりと日焼け対策をしたい方|オルビス サンスクリーンパウダー

しっかり日焼け対策をしたい方には、オルビスのサンスクリーンパウダーがおすすめです。SPF50+・PA++++と、高い水準で紫外線をカット。屋外でのレジャーやスポーツでも活躍するでしょう。

スーパーウォータープルーフ仕様で汗に強いので、汗ばむ季節でも落ちにくいのが特徴です。また、皮脂を吸着するあぶらとりパウダーを配合し、皮脂で落ちたりくすんだりするのを防ぎ、長時間サラサラの肌をキープしてくれます。

カバー力を重視したい方|キスミーフェルム プレストパウダーUV

カバー力を重視したい方には、キスミーフェルムのプレストパウダーUVがおすすめ。細かいパウダーがたるみ毛穴やくすみ、小ジワをナチュラルにカバーして、なめらかな美肌に見せてくれます。

皮脂吸収パウダーを配合しており、テカリを防いでメイクを長持ちさせてくれるのもうれしいポイント。また、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容液成分も配合されており、肌に優しい使い心地です。

人気色の01ルーセントは明るいベージュ系のカラーで、透明感のある肌を演出してくれます。

テカリもケアしたい方|プライバシー UVパウダー50

紫外線対策だけでなくテカリもケアしたい方には、プライバシーのUVパウダー50がおすすめです。

皮脂吸着パウダーとテカリ防止成分をダブルで配合しているので、Tゾーンなど皮脂が多い部分のテカリをしっかり抑えてくれます。さらに毛穴カバーもしてくれるので、肌をよりきれいに見せられます。

また、敏感肌でも使えるのがうれしいところ。「肌にあまり負担をかけたくないけど紫外線対策をしたい」というときに便利な日焼け止めパウダーです。

日焼け止めパウダーの効果に関するQ&A

ここでは、「プチプラだと効果がない?」「日焼け止めパウダーだけで紫外線対策になる?」など、日焼け止めパウダーに関するよくある質問にお答えします。日焼け止めパウダーに関する疑問を解消し、正しい紫外線対策をしましょう。

プチプラの商品だと効果がない?

「プチプラの商品だと日焼け止め効果がないのでは」と不安に感じる方がいるかもしれません。しかし、たとえプチプラであっても記載されているSPF・PA通りの効果はありますので安心してください。

高価な商品との違いは、日焼け止め効果というよりも仕上がりのうつくしさや化粧持ちの良さなどにあるといえます。

プチプラであっても、下地を塗ってからしっかり日焼け止めパウダーを塗り、まめに塗り直しを行えば、日焼け止め効果を得られるでしょう。

日焼け止めパウダーだけで紫外線対策になる?

日焼け止めパウダーにはもちろん紫外線をカットする効果がありますが、SPFやPAが低いものもあるため、「日焼け止めパウダーだけでばっちり」とはいえません。

より確実に日焼けを防ぐには、UVカット効果がある下地と組み合わせて使ったり、日傘などの紫外線対策アイテムと併用したりするのがおすすめです。

日焼け止めパウダーは効果がないわけではない!上手に活用しよう

ここまで解説してきたように、日焼け止めパウダーには効果がないわけではありません。SPF・PAの高い商品もたくさん出ていますし、下地などと組み合わせることで高いUVカット効果を得ることも可能です。

紫外線の少ない時間帯の外出や屋内での日焼け対策など、日焼け止めパウダーが活躍するシーンは多いでしょう。

UVカット効果がある下地やファンデーション、日傘などと組み合わせて、上手に活用しましょう。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

カテゴリー

人気記事

  1. 我慢の限界】太らないお菓子10選!コンビニで買えるダイエットおやつを紹介

    【我慢の限界】太らないお菓子10選!コンビニで買えるダイエットおやつを紹介

  2. 【女性向け】標準・美容・シンデレラ体重の一覧表!BMIや計算方法など網羅して解説

    【女性向け】標準・美容・シンデレラ体重の一覧表!BMIや計算方法など網羅して解説

  3. 【プロ監修】胸筋の鍛え方6選!初心者でもできる胸板を厚くする筋トレを紹介

  4. 【ベンチなし】大胸筋を鍛えるダンベル筋トレ3選+α!初心者用メニューを紹介

    【ベンチなし】大胸筋を鍛えるダンベル筋トレ3選+α!初心者用メニューを紹介

  5. 【非推奨】夜ご飯を食べないダイエットを1ヶ月したらどうなる?!効果や注意点も解説

ピックアップ記事

おすすめアイテム

人気タグ