【顔以外も重要】顔のたるみをとる意外な習慣とは?原因と対策をご紹介

【顔以外も重要】顔のたるみをとる意外な習慣とは?原因と対策をご紹介

加齢などによって顔のたるみが気になりはじめた、というお悩みをお持ちではありませんか?顔のたるみはどのような方法で解消できるのか気になりますよね。

本記事では、一般的な顔のたるみをとる方法に加えて、意外にも効果がある対策についても解説します!顔のたるみにお悩みの方は最後まで読んでみてくださいね。

【予備知識】顔がたるんでしまう3つの原因

【予備知識】顔がたるんでしまう3つの原因

そもそもなぜ、顔がたるんでしまうのでしょうか?
たるみは顔の肌悩みの代表ですが、意外とその原因は知られていないものです。

そこで本章では、顔のたるみの対策を解説する前に、なぜ顔がたるんでしまうのかについて説明します。

肌のハリを保つ成分が不足している

顔がたるんでしまう原因のひとつは、肌のハリを保つ成分が不足していること
肌にはコラーゲンエラスチンヒアルロン酸といった、肌にハリと弾力を与える成分が存在しています。

顔がたるんでしまうのは、これらの肌のハリを保つ成分が不足してしまうためなのです。
肌のハリを保つ成分不足は加齢の影響もありますが、実は紫外線によるダメージも肌のハリ不足を招くのでお肌の大敵です。

顔の筋力が低下している

顔の筋力、すなわち表情筋の低下も、顔のたるみの原因です。
加齢などによって表情筋が低下すると、その上にある皮膚などを支えきれなくなってしまい、顔のたるみにつながるのです。

また、顔には無数の表情筋がありますが、実は普段は30%程度しか使われておらず、衰えやすい筋肉といえます。
普段から使われずに衰えていってしまうことが、顔のたるみにつながっているのです。

生活習慣が荒れている

生活習慣が荒れていると、顔がたるみやすくなってしまいます。
生活習慣が荒れることと顔がたるむこと、一見関係がないように思えますが、実は密接な関係があります。

食べすぎや飲みすぎ、運動不足などの生活習慣の乱れは顔がむくみやすくなる要因となり、顔がむくむと血流が悪くなるため、結果としてたるみの原因となるのです。

顔のたるみをとる一般的な習慣

顔のたるみをとるには、日常的な習慣を意識することがとても大切です。

本章では、顔のたるみをとる一般的な習慣として

  • 乾燥や紫外線対策
  • 表情筋の筋トレ
  • バランスの良い食生活

について説明します。ぜひチェックして、日常生活に取り入れましょう!

乾燥や紫外線対策

乾燥紫外線の対策は、顔のたるみをとるためにマストで行いたい対策です。

乾燥や紫外線によるダメージは、肌のハリの低下はもちろん、たるみの原因にもなってしまいます。
普段の生活から日焼け止めを塗って紫外線の対策をしたり、肌の保湿をして乾燥ケアを欠かさないようにしましょう。

うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまう方は、「スキンアクア 50+ スーパーモイスチャージェル」のようなポンプタイプの日焼け止めがおすすめですよ。

表情筋の筋トレ

顔の筋力不足がたるみの原因となる場合、表情筋を鍛える必要があります。

「在宅ワークで無表情の時間が長い」「マスクをしているのであまり人に見られない」など、あまり表情筋を使わない時間が長い方は表情筋が衰えているかもしれません。

表情筋の筋力低下を防ぐため、1日に数分でも良いので、表情筋を鍛えるトレーニングなどを習慣化するのがおすすめです。

関連記事:表情筋の鍛え方に関する記事はこちら

バランスの良い食生活

バランスの良い食生活を心がけることも、顔のたるみをとるには有効です。
普段の食事で、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素を意識して食事をとりましょう。

食生活が整うと肌のターンオーバーも乱れにくくなるので、たるみをはじめとしたさまざまな肌トラブルの防止にもつながりますよ。

顔のたるみをとる意外な習慣

顔のたるみをとる一般的な方法についてはもう知っているという方も多いと思います。

そこで本章では、意外にも顔のたるみ対策となる3つの方法をご紹介します!

  • 首・肩のストレッチ
  • 正しい姿勢への矯正
  • 定期的なストレス発散

一般的な対策に加えて、これらの方法も取り入れてみてくださいね。

首・肩のストレッチ

首や肩のストレッチは、顔のたるみ対策として効果が期待できます。

首や肩がこり血流が悪くなると、隣接している顔の血流にも影響が出ます。
顔の血流が悪くなると、肌にハリを与える成分などを生み出している細胞へ栄養が行き届かなくなってしまい、顔のハリ不足、たるみにつながるのです。

首や肩のストレッチは顔のたるみだけでなく、肩こりや首こりの解消にも効果的なので、日常的に行ってみてください。

正しい姿勢への矯正

姿勢の悪さも顔のたるみに悪影響です。正しい姿勢へ矯正していくことで、顔のたるみをとることにつながることがあります。

デスクワークやスマートフォンの操作などで下を向く姿勢が続くと首が前側に傾き、顔の皮膚や筋肉も下に引っ張られやすくなります。パソコンの画面の高さを調節したり、首を傾けない高さでスマートフォンを操作したりするなど、姿勢が崩れないよう意識しましょう。

パソコンやスマートフォンの使いすぎにも注意してくださいね。

定期的なストレス解消

定期的なストレス発散も、顔のたるみをとる効果が期待できます。
一見関係ないように思えますが、ストレスが溜まると自律神経やホルモンバランスが乱れて肌荒れにつながってしまうのです。

趣味や家族との時間などを意識的に作り、ストレスを発散するのが大切ですよ。
好きな香りを嗅いだり軽い運動をしたりすることもストレス発散になるのでおすすめです。

顔のたるみをとるためのポイント

ここでは、顔のたるみをとる対策の効果をより高めるポイントとして「肌質にあった化粧品を取り入れる」「習慣化するまで諦めない」の2つについて説明します。

ポイントをおさえ、より効果的に顔のたるみをとりましょう!

肌質にあった化粧品を取り入れる

顔のたるみをとるため、肌質にあった化粧品を取り入れるようにしましょう。

肌質に合わない化粧水や乳液は、顔のたるみだけでなくさまざまな肌荒れにつながりやすく、かえって逆効果になってしまうことも。

肌質に合わないと感じた化粧品はすぐに使用をやめるのが無難です。

たるみや肌荒れを悪化させないためにも、自分の肌質にあった化粧品を選んでくださいね。

習慣化するまで諦めない

習慣化するまで諦めずに続けることも、顔のたるみをとるためには大切です。

肌のターンオーバーの観点から見ても、すぐに顔のたるみが改善するとは限りません。

場合によっては何ヶ月もかかる可能性もあります。

効果を実感するために大事なのは、継続すること。まずは自分の生活の中で習慣化させることを目標に、継続してケアを続けましょう。

顔のたるみに関するよくある質問

最後に、顔のたるみに関するよくある質問を2つご紹介します。

  • 顔のたるみは痩せたら解消する?
  • 顔のたるみ解消に効果的な食べ物がある?

顔のたるみにお悩みの方は要チェックですよ!

顔のたるみは痩せたら解消する?

痩せると顔のたるみが解消する可能性はあります。
痩せるということは脂肪が減るということなので、顔の皮下脂肪が減った場合は顔のたるみが解消するかもしれません。

しかし原因がほかにもある場合は、思ったような効果が見込めない可能性もあります。
過度に期待はせず、ほかの顔のたるみ対策も行っていきましょう。

顔のたるみ解消に効果的な食べ物がある?

顔のたるみ解消に効果が期待できる食べ物として、「大豆(イソフラボン)」や「ナス(ポリフェノール)」などが挙げられます。

イソフラボンは肌にハリを与え、ポリフェノールには血流をスムーズにする効果があるため、肌の細胞にしっかり栄養を届けることができるのです。
とはいえ、食べているからといって顔のたるみが改善するわけではないので、あくまで対策の一つとして考えてくださいね。

意外に効果がある習慣で顔のたるみを撃退しよう!

本記事では、顔のたるみについて、原因や顔のたるみを解消する一般的な習慣に加え、意外にも効果的な習慣も紹介しました。

顔のたるみを引き起こす原因はさまざまですが、主に肌のハリ不足や表情筋の筋力低下、生活習慣の乱れなどが挙げられます。
一般的には肌の乾燥・ハリ対策や表情筋トレーニング、バランスの良い食事などで対策します。
しかし、意外にも首・肩のストレッチや普段の姿勢、ストレスの解消なども顔のたるみをとる習慣として有効なのです。

ぜひ本記事を参考にして習慣化し、顔のたるみを撃退しましょう!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

カテゴリー

人気記事

  1. 【女性向け】標準・美容・シンデレラ体重の一覧表!BMIや計算方法など網羅して解説

    【女性向け】標準・美容・シンデレラ体重の一覧表!BMIや計算方法など網羅して解説

  2. 我慢の限界】太らないお菓子10選!コンビニで買えるダイエットおやつを紹介

    【我慢の限界】太らないお菓子10選!コンビニで買えるダイエットおやつを紹介

  3. 【プロ監修】胸筋の鍛え方6選!初心者でもできる胸板を厚くする筋トレを紹介

  4. 【プロ監修】最強自重トレーニング5種目!1週間のメニューを紹介

  5. 【効果あり】高カカオチョコレートはダイエット向き!やり方を詳しく解説

    【効果あり】高カカオチョコレートはダイエット向き!やり方を詳しく解説

ピックアップ記事

おすすめアイテム

人気タグ